素材のブランディング (PRODUCE & RECYCLE vol.02)
素材のブランディング (PRODUCE & RECYCLE vol.02)

素材のブランディング (PRODUCE & RECYCLE vol.02)

通常価格 ¥1,760 (税込)
単価  あたり 
* 配送料は購入手続き時に計算されます。

素材のブランディング(PRODUCE & RECYCLE vol2)

「日本のモノづくりの伝統と革新を融合」をコンセプトに活動する、hide kasugaグループ代表・春日秀之による「プロデュース&リサイクル」(価値の創造と再生)シリーズの第二弾。

hide kasugaグループは、「プラスチックの王様」と評される工業素材「PTFE」(蛍石が原料)を使用し、滑らかな手触りと永遠の白を誇るブランド「BLANC BIJOU PARIS」(ブラン・ビジュ・パリス)、新素材「ソフトカーボン」を使用した黒のブランド「hide k 1896」の研究・開発・製造・販売を一気通貫で行っている。

本書の第一章は、クオンタムリープ株式会社代表取締役 ファウンダー&CEO(ソニー元会長)、hide kasuga 1896顧問の出井伸之氏、森美術館特別顧問(前館長)、hide kasuga 1896顧問の南條史生氏、春日秀之によるトークセッションを収録している。

日本のモノづくりの可能性、ブランディング、人間とAIの関係、今後のアートの可能性など、様々なテーマについて三者が語り合っている。

第二章は「BLANC BIJOU」を題材に、春日秀之による「素材のブランディング」の実践をレクチャー。創設から10年を迎えた「BLANC BIJOU」の軌跡について、多くのエピソードを交えて紹介している。

第三章では、出井伸之氏と春日秀之の対談、南條史生氏と春日秀之の対談を収録している。出井氏とは日本のモノづくりを、南條氏とはアートとサイエンスを中心に語り合っている。

本書のテーマである「素材のブランディング」。春日秀之は、それをPTFEという工業素材を用いて実践し、現在進行形で進化を遂げようとしている。いわば、その「ライブ感」が、あたかも一編の小説や大河ドラマを彷彿とさせるドキドキ感にもつながっている。

本書でも再三いわれているとおり、今後の日本はモノづくりを行うだけでなく、どうブランディングしていくかが問われていく。春日秀之は「日本の中小企業は、自分たちの作ったものに自信を持つべきだ」とも述べている。

本書は、自らが抱える素材をどうブランディングしていくかと苦悩している事業家、あるいは企業人にとって、実践書でもあり啓蒙書でもある。

以後、本シリーズは第三弾へと続いていく。